溜まったクレジット一括払いの任意整理、実は万能ではない?

クレジットカードの一括払いで決済をしている人で同じ月につい大きい出費を立て続けにしてしまった、という経験をした人は少なからずいらっしゃると思います。

払える範囲であれば問題ないかもしれませんが、もしも預金分を全て使ってしまって、来月の収入をそのまま返済に充てないと間に合わない(来月分の生活費がない!)ということになると、これはけっこうピンチですよね。

このような場合、弁護士を通じて任意整理の手続き取ることで、次月の一括払いでの返済分を分割払いにして、次月にお金が無くなってしまうということを回避することも対処法の一つです。ポイントは、任意整理によって負債分が分割払いとなっても利息が発生しないということです。その分、無理なく返済できるようになる可能性が高まるということですね。

ただし、気をつけなければならないのは任意整理の手続きには弁護士費用がかかるということです。報酬金・着手金などの分類は弁護士事務所によっても異なることがありますが、相場として任意整理の手数料は金融機関1社あたり42,400円程度が相場となっているようです。

その他に相談料などもかかりますし、依頼内容によってはさらにプラスアルファの費用がかかる可能性もありますが、任意整理をするためには少なくとも上記金額程度は必要ということは頭の片隅に置いておいてもいいかもしれません。

複数のクレジットカードを使って負債をつくってしまった場合などは、任意整理をするためにより多くの弁護士費用がかかってしまいます。最悪の場合、弁護士費用がかかりすぎるために債務整理を依頼できないということもあり得ます。このあたり、任意整理の依頼を検討している弁護士事務所が弁護士費用の分割払いに対応しているかを事前に調べておくのが重要だと言えます。

また、任意整理や個人再生、自己破産など個人の借金問題に注力している弁護士事務所は、相談料無料や分割払い対応など個人でも無理なく弁護士費用を支払える様なサービスを用意している可能性が高いです。各弁護士事務所にも得手・不得手があるため、複数の事務所を相互に比較の上、依頼する事務所を決めるというプロセスを踏んでおくとより納得の行く結果に結びつきやすいでしょう。